ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 技術分野におけるリスクアセスメント

  • 技術分野におけるリスクアセスメント

技術分野におけるリスクアセスメント

  • Mark G.Stewart/原著 Robert E.Melchers/原著 酒井信介/監訳 小林英男/〔ほか〕共訳 酒井 信介(サカイ シンスケ)
    1980年東京大学大学院工学研究科博士課程修了。工学博士。1980年東京大学工学部舶用機械工学科講師。1981年東京大学工学部舶用機械工学科助教授。1995年東京大学工学部機械工学科助教授。1997年東京大学工学部機械工学科教授。現在に至る

    小林 英男(コバヤシ ヒデオ)
    1965年武蔵工業大学工学部卒業。1965年東京工業大学工学部助手。1972年工学博士。1973年東京工業大学工学部助教授。1987年東京工業大学大学院理工学研究科機械物理工学専攻教授。現在に至る

    小川 武史(オガワ タケシ)
    1983年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。1983年岐阜大学工学部機械工学科助手。1988年工学博士。1990年岐阜大学工学部機械工学科助教授。1997年青山学院大学理工学部助教授。2000年青山学院大学理工学部教授。現在に至る

    佐々木 哲也(ササキ テツヤ)
    1992年東京大学大学院工学研究科博士課程修了。博士(工学)。1992年労働省産業安全研究所機械研究部研究員。1999年労働省産業安全研究所機械研究部主任研究官。2003年筑波大学機能工学系助教授。現在に至る

    藤岡 照高(フジオカ テルタカ)
    1987年東京大学大学院工学研究科修士課程修了。1987年財団法人電力中央研究所狛江研究所。2002年財団法人電力中央研究所横須賀研究所。現在に至る

  • ISBN
    978-4-627-94571-5
  • 発売日
    2003年10月

4,800 (税込:5,280

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • リスク工学の入門から専門まで、日本で初紹介。どこにリスクの源があり、それをいかにモデル化し、どう評価すればよいのかという視座を提供。原子力発電プラント、スペースシャトル、重力ダム、化学物質貯蔵設備など世界各国の事例を掲載。
目次
第1章 緒言
第2章 リスク源
第3章 システムのモデル化
第4章 システム要素の性能
第5章 ヒューマンエラーとヒューマン信頼性のデータ
第6章 システム評価
第7章 リスク受け入れの基準
付録A 適用事例

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原書名:Probabilistic risk assessment of engineering systems
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 技術分野におけるリスクアセスメント
  • 技術分野におけるリスクアセスメント

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中