ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • コロンビア内戦 ゲリラと麻薬と殺戮と

  • コロンビア内戦 ゲリラと麻薬と殺戮と

コロンビア内戦 ゲリラと麻薬と殺戮と

  • 伊高浩昭/著 伊高 浩昭(イダカ ヒロアキ)
    ジャーナリスト。1943年東京生まれ。66年早稲田大学政治経済学部新聞学科卒業。67年から共同通信社のメキシコ通信員・駐在員、外信部員、那覇支局員、ヨハネスブルク支局長、マルビーナス(フォークランド)戦争特派員、リオデジャネイロ支局長、外信部次長、編集委員、記事審査委員などを務め、2003年、同社を退社、フリーランサーに。東京在住

  • ISBN
    978-4-8460-0376-0
  • 発売日
    2003年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,750

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “9・11”から2年、ブッシュ米政権の“対テロ世界戦略”に組み込まれた南米コロンビア。左翼ゲリラvs国軍+極右準軍部隊の戦闘が今も続き、驕れる麻薬資金が乱れ飛ぶ。40年に及ぶ泥沼の内戦に、真の出口はあるのか。
目次
序章 緑の魔境―早田英志の世界
第1章 歴史―群雄割拠への道
第2章 ゲリラ登場―寡頭体制への挑戦
第3章 FARC南下―辺境で自治支配
第4章 麻薬マフィアとAUC―内戦の複雑化
第5章 米国の戦略―陰謀の八〇年代
第6章 麻薬戦争―恐怖と腐敗の極致
第7章 大統領麻薬汚染―失われた四年間
第8章 コロンビア計画―和平路線の敗北
第9章 ウリベ現体制―虎の威を借る政権
第10章 周辺諸国の動向―麻薬戦域の拡大
別章 コロンビア経済―崩れた安定神話

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • コロンビア内戦 ゲリラと麻薬と殺戮と
  • コロンビア内戦 ゲリラと麻薬と殺戮と

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中