ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 映画『新・雪国』始末記

  • 映画『新・雪国』始末記

映画『新・雪国』始末記

  • 笹倉明/著 笹倉 明(ササクラ アキラ)
    1948年、兵庫県生まれ。早稲田大学文学部文芸学科卒。80年、『海を越えた者たち』(すばる文学賞佳作入選)でデビュー。88年『漂流裁判』でサントリーミステリー大賞受賞、89年『遠い国からの殺人者』で直木賞を受賞

  • ISBN
    978-4-8460-0481-1
  • 発売日
    2003年10月

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

2,000 (税込:2,200

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 一つの映画には、その背後に膨大な人間ドラマが横たわっている。舞台裏にいた当事者にしかわからないストーリーである。毒を皿まで食った長い宴は終わった。その毒には、あらゆる成分が詰まっていて、さながら曼荼羅である。銀幕の向こう側に、もう一つのストーリーを描いた曼荼羅絵をかけてみたいと思ったのが本書を執筆する動機だった―。作家・笹倉明が映画に手を出して舐めた、抱腹絶倒の出来事と無残な現実。奇跡的に完成をみた映画の舞台裏の全貌を描きつくした、希有なるドキュメンタリー。
目次
原作という事の始まり
助走から迷走せり
壁また壁を越えて
流れた理由は主演女優
出資から借金への暴走
テーマ曲と主題歌へのこだわり
人脈から人脈への綱渡り
まだ足りない金、金、金
崩壊寸前の現場の出来事
さらに薄氷を踏んで
ふたりの主役の仲と距離
完成を支えた奇跡の中身
加藤登紀子と冬美節のとき
つまずいた公開と破産の憂き目
世にも恐ろしい告訴寸前の事態
地に塗れた日々と父の死
最後の抵抗と再出発

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 映画『新・雪国』始末記
  • 映画『新・雪国』始末記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中