ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • No.1レディーズ探偵社、本日開業

  • No.1レディーズ探偵社、本日開業

No.1レディーズ探偵社、本日開業

  • アレグザンダー・マコール・スミス/著 小林浩子/訳 スミス,アレグザンダー・マコール(Smith,Alexander McCall)
    1948年、ジンバブエ生まれのスコットランド人。アフリカ、イギリスの大学で学んだあと、スコットランドで法学部教授となる。その後アフリカに戻り、ボツワナで最初のロー・スクール設立に尽力した。その後はエジンバラ大学で医療法教授となって、世界各国の大学に客員教授として招かれたり、政府機関やユネスコの組織で議長などをつとめるかたわら、子供向けの本から学術書までこれまで50作以上の本を執筆するなど、著作家としてのキャリアも長い

    小林 浩子(コバヤシ ヒロコ)
    千葉県生まれ。英米文学翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス ミス・ラモツエの事件簿 1
  • ページ数
    324p
  • ISBN
    978-4-7897-2105-9
  • 発売日
    2003年09月

760 (税込:821

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • プレシャス・ラモツエ―ボツワナでただひとりの女探偵。34歳、かなり太め。バツイチ。ひとよんで「サバンナのミス・マープル」。実家を切り盛りしていたラモツエだが、父の死後、遺産の牛を売り、首都ハボローネで探偵社を開いた。のどかなこの地で探偵業は成り立つのかと思いきや、意外や意外、依頼は浮気の調査から失踪人探しまでひっきりなし。鰐や蛇と格闘しなければならないことだってあるが、それでもアフリカの大地をこよなく愛するラモツエは、きょうも手がかりを求めてサバンナを疾走する。持ち前の洞察力と行動力でよろず解決となるか…。世界中が夢中になった名探偵、ついに日本初登場。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原書名:The No.1 ladies’ detective agency
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • No.1レディーズ探偵社、本日開業
  • No.1レディーズ探偵社、本日開業

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中