ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アルブミン臨床マニュアル 適正使用の実際

  • アルブミン臨床マニュアル 適正使用の実際

アルブミン臨床マニュアル 適正使用の実際

  • 山本保博/監修 山本 保博(ヤマモト ヤスヒロ)
    日本医科大学救急医学教授

  • ページ数
    203p
  • ISBN
    978-4-89600-597-4
  • 発売日
    2003年08月

3,000 (税込:3,240

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1章 総論―アルブミン製剤の適正使用(アルブミン製剤の使用基準
アルブミン製剤と輸液製剤の使い分け
等張製剤と高張製剤の使い分け ほか)
第2章 各論―各種病態別アルブミン製剤の使い方の実際(出血性ショック
敗血症性ショック
多発外傷 ほか)
第3章 血漿分画製剤の安全性(血漿分画製剤の安全性
アルブミン製剤と配合変化)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • アルブミン臨床マニュアル 適正使用の実際
  • アルブミン臨床マニュアル 適正使用の実際

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中