ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 食は土にあり 永田農法の原点

  • 食は土にあり 永田農法の原点

食は土にあり 永田農法の原点

  • 永田照喜治/著 永田 照喜治(ナガタ テルキチ)
    1926年、熊本県天草生まれ。神戸大学経済学部卒業後、郷里天草にて農業に従事。やせた岩山で育てたみかんの美味しさにヒントを得て、以降独自の農法の研究開始。その野菜・果物は、栄養分・糖度などにおいて群を抜き、高い数値を記録。「永田農法」として確立する。現在は(株)永田農業研究所代表取締役、(株)りょくけん会長、(株)健菜会長。2002年には「ユニクロ」の食品事業の(株)エフアール・フーズとも業務提携。農法指導者として日本をはじめ、世界各地で活動中

  • ISBN
    978-4-7571-2115-7
  • 発売日
    2003年06月

1,600 (税込:1,760

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 北海道から沖縄まで旅する間に色々な気候風土、そしてその土地土地の人々、さまざまな食べ物とその取り組みに出会うことができました。土を通じてまた食べ物を通じて出会った人々や食べ物、お酒の一部をお話します。
目次
土と語る
農業革命
野菜の食文化
健康野菜
農業の安全性
有機農業への疑問
日本からはじまったアジアの農業
農業の二極分化
土と語る人々
酒を造る人々
料理を作る人々
野菜を売る人々

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 食は土にあり 永田農法の原点
  • 食は土にあり 永田農法の原点

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中