ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 母と子の心理療法 困難な時代を生きる子どもたちをどう癒し育むか

  • 母と子の心理療法 困難な時代を生きる子どもたちをどう癒し育むか

母と子の心理療法 困難な時代を生きる子どもたちをどう癒し育むか

  • 松尾恒子/編 松尾 恒子(マツオ ツネコ)
    1940年和歌山県生まれ。甲南大学文学部社会学科卒業後、1962年同大学社会学科助手、講師、助教授を経て1982年教授。40年余にわたり、同大学の臨床心理学の研究と実践の発展に力を尽くす。この間、1967~68年ライス大学行動科学部大学院、1968年カリフォルニア大学(バークレー校)犯罪学部大学院、1971年チューレン大学医学部児童精神科、1981~83年ダラス人文科学研究所において、心理諸科学の研究と、児童・家族の心理療法に従事。また、ユング派分析家ジェームス・ヒルマンに教育分析を受ける。1996年より人間科学科教授。2003年、甲南大学文学部名誉教授。臨床心理士。家族心理士。その他、兵庫県下での公職多数

  • ISBN
    978-4-422-11285-5
  • 発売日
    2003年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,750

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 混迷する時代の中での母子臨床の現状を症例とともに語る。(心理図書総目録より)
目次
第1部 母性―その光と影(母性の治療的側面について
「甘え」と「しつけ」の再生―児童虐待防止の視点
母なるものとこころの病
日本の家族―その近代と前近代)
第2部 事例にみる母と子の心理療法(子どもの問題行動と母子の心理療法
生と死をつなぐ子どもの箱庭
「食べられない子ども」とその家族の心理療法―小児科でのかかわり
「意地」と「あきらめ」に寄り添って―摂食障害者の母親事例より)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

商品のおすすめ

混迷する時代の中での母子臨床の現状を症例とともに語る。

ページの先頭へ

閉じる

  • 母と子の心理療法 困難な時代を生きる子どもたちをどう癒し育むか
  • 母と子の心理療法 困難な時代を生きる子どもたちをどう癒し育むか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中