ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 象徴天皇制は誰がつくったか 生き続ける起草者の思想と信念

  • 象徴天皇制は誰がつくったか 生き続ける起草者の思想と信念

象徴天皇制は誰がつくったか 生き続ける起草者の思想と信念

  • 中村明/著 中村 明(ナカムラ アキラ)
    1945年9月生まれ。東京都立小山台高校、一橋大学社会学部卒業。1970年4月、共同通信社に入り、政治部で労働、外務など各省、自民、社会など各党を取材。1992年4月、政治部次長兼編集委員。編集委員として「官僚と政治」「権力のブラックホール」「支配知の崩壊と再編」「個別的自衛権固めた歴史」など官僚政治の実態をテーマに企画記事を執筆。宇都宮支局長を経て、編集委員兼論説委員。2002年9月退職、東海大学文学部心理・社会学科講師

  • ページ数
    350p
  • ISBN
    978-4-502-64930-1
  • 発売日
    2003年04月

4,200 (税込:4,536

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「日本のかたち」天皇制は当時の支配層がどんな犠牲を払おうとも守ろうとした、日本の歴史と文化を反映する世界の憲法のなかでも珍しい規定である。英文で示されたマッカーサー草案をいかに翻訳・解釈・運用し、日本的政治秩序の要として、平和国家の原理として位置づけていったか。
目次
第1章 天皇制の芯の芯だけは残した
第2章 天皇の権威を支えるに相応しい実質的な機能を付与
第3章 外交活動は天皇の御名を翳して
第4章 世の平らぎを祈る皇室神道を法の解釈と運用で側面から支援
終章 国家存亡の危機に出番あり―政治上無責任、形而上的責任あり

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 象徴天皇制は誰がつくったか 生き続ける起草者の思想と信念
  • 象徴天皇制は誰がつくったか 生き続ける起草者の思想と信念

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中