ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 目で見てわかる日銀の大常識

  • 目で見てわかる日銀の大常識

ポイント倍率

目で見てわかる日銀の大常識

  • 持田直人/著 真板恵夫/著 持田 直人(モチダ ナオト)
    1951年東京都生まれ。業界紙記者を経て75年からフリージャーナリストに。「月刊文芸春秋」や「週刊読売」、「フォーブス日本版」などの記者を経て、2001年9月ライター集団『記録舎』を設立。現在、同舎の主宰として農業や健康問題からビジネスまでを幅広くカバーしている

    真板 恵夫(マイタ ヤスオ)
    1965年東京都生まれ。90年駒沢大学法学部卒業後、日刊現代に入社。経済などを担当後、98年に退社。2001年琉球大学大学院を修了。現在フリーのライターとして活動。執筆に「沖縄を深く知る事典」(同編集員会編、日外アソシエーツ)がある。『記録舎』スタッフライター

  • シリーズ名
    B&Tブックス 今日からモノ知りシリーズ
  • ページ数
    157p
  • ISBN
    978-4-526-05076-3
  • 発売日
    2003年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「いつ」から「どんな人たち」が「どんな役割」をもち、「どのように」「何をしているのか」を中心に金融知識を持たない方でも、日銀が「見えてくる」ような解説書をめざしている。
目次
第1章 沿革・概要―超々優良企業日銀の基礎知識(インフレ退治で誕生した日銀
スタートは普通の株式会社だった ほか)
第2章 組織・人事―“お札の番人”を支える組織と人事(日銀の組織は10局5室1研究所
日銀の不正防止システムは3つ ほか)
第3章 経営―金融界の総本山・日銀の経営の仕組み(日銀は政府のお金を管理する“金庫番”
日銀は国債の総合デパート ほか)
第4章 役割―物価と金融システムの安定をめざす(国債や手形の売買などで行われる日銀の金融調整
資金量の増減で調節する「物価の安定」 ほか)
第5章 実例―歴史に見る日銀が果たした役割(戦前から行われていた最後の金融機関救済策
初の証券会社救済となった「山一特融」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 目で見てわかる日銀の大常識
  • 目で見てわかる日銀の大常識

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中