ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • チンパンジーの認知と行動の発達

  • チンパンジーの認知と行動の発達

チンパンジーの認知と行動の発達

  • 友永雅己/編著 田中正之/編著 松沢哲郎/編著 友永 雅己(トモナガ マサキ)
    京都大学霊長類研究所行動神経研究部門思考言語分野助教授。博士(理学)。1964年生まれ。1991年大阪大学人間科学研究科単位取得退学。日本学術振興会特別研究員、京都大学霊長類研究所助手を経て現職

    田中 正之(タナカ マサユキ)
    京都大学霊長類研究所行動神経研究部門思考言語分野助手。博士(理学)。1968年生まれ。1993年京都大学大学院理学研究科修士課程修了。日本学術振興会特別研究員、財団法人東京都老人総合研究所言語・認知部門研究助手を経て現職

    松沢 哲郎(マツザワ テツロウ)
    京都大学霊長類研究所行動神経研究部門思考言語分野教授。理学博士。1950年生まれ。1974年京都大学文学部哲学科卒業、大学院進学。京都大学霊長類研究所助手、助教授を経て現職

  • ISBN
    978-4-87698-611-8
  • 発売日
    2003年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,400

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 付録CD ROMによってはじめて明らかになる「チンパンジーによるチンパンジーの育児」。
目次
第1章 (総論) 三者関係に基づく参与観察研究―比較認知発達研究の新しいパラダイム
第2章 周産期の研究
第3章 新生児期の認知と行動
第4章 乳児期の知覚と認知
第5章 乳児期の対象操作能力の発達
第6章 乳児期の社会的認知の発達
第7章 個体間の相互交渉とその発達
第8章 身体成長と運動機能の発達
第9章 新生児・乳児の比較認知発達研究
第10章 成体チンパンジーにおける比較認知研究
第11章 飼育環境とその利用―環境エンリッチメントの試み

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 23cm

商品のおすすめ

これまでなし得なかった「チンパンジーによるチンパンジーの育児」の研究―京都大霊長類研究所で計画的に繁殖させた3組のチンパンジー母子を、参与観察研究という新しいスタイルで追うことで、周産期の所見や新生児・乳児期の初期行動、赤ん坊の社会的認知発達、運動機能、母子間の相互交渉など、その発達の過程を詳細に示す。動画・音声で、チンパンジーの姿を生き生きと伝える初めてのマルチメディア研究書。

ページの先頭へ

閉じる

  • チンパンジーの認知と行動の発達
  • チンパンジーの認知と行動の発達

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中