ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エセー 3 社会と世界

  • エセー 3 社会と世界

エセー 3 社会と世界

  • モンテーニュ/〔著〕 荒木昭太郎/訳 モンテーニュ(Montaigne,Michel Eyquem de)
    1533~1592。フランスの思想家。ボルドー近郊モンテーニュの商業市民系の貴族出身。1554年からペリグー次いでボルドーの法院で評定官をつとめる。68年父の死によりモンテーニュの領主となり、70年37歳でボルドー高等法院参事を辞し引退を決意、自邸の管理と読書の生活に入る。書きとめた感想・論考を2巻94章の『エセー』として80年に出版する。81年から4年間ボルドー市長。以後さらに執筆をすすめ3巻107章『エセー』新版を88年に刊行。この著作がフランス・モラリスト文学の礎となった

    荒木 昭太郎(アラキ ショウタロウ)
    1930年(昭和5年)横浜市に生まれる。1953年、東京大学文学部フランス文学科卒業。東京大学教養学部教授を1991年に退官。その後東洋英和女学院大学社会学部教授を2001年まで務める。専攻はモンテーニュを中心とするフランス・ルネサンス期文学。東京大学名誉教授

  • シリーズ名
    中公クラシックス W27
  • 巻の書名
    社会と世界
  • ISBN
    978-4-12-160049-3
  • 発売日
    2003年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,750 (税込:1,925

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
社会の組みたて(われわれの情念はわれわれよりも先へ越えていく
一方の利益は他方の損だ
習慣について、またうけいれられている法は簡単に変えないほうがいいこと ほか)
他者とかかわる(孤独について
子どもたちにたいする父親たちの愛情について
有用さと公正さについて ほか)
ひろがる時空(人食い人たちについて
むなしさについて)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • エセー 3 社会と世界
  • エセー 3 社会と世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中