ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 在原業平殺人事件

  • 在原業平殺人事件

在原業平殺人事件

  • 山村美紗/〔著〕 西村京太郎/〔著〕 山村 美紗(ヤマムラ ミサ)
    京都府生まれ。京都府文化功労賞、京都あけぼの賞を受賞。斬新なトリックを次々に発表し、ミステリー界の女王として読者の圧倒的支持を得る。1996年没

    西村 京太郎(ニシムラ キョウタロウ)
    1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を、81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍

  • シリーズ名
    角川文庫
  • ページ数
    282p
  • ISBN
    978-4-04-171222-1
  • 発売日
    2003年01月

495 (税込:535

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 早川明子は、「在原業平の寺」といわれる京都の十輪寺で細川和也と出会う。和也は平安文学を研究する大学助教授で、知識が豊富な美青年であった。数日後、和也に誘われた明子は学者達が集まる新年会に出席した。だが、そこで教授の娘との結婚が噂される助手が、毒入りワインで殺害される。さらに長岡京跡では講師の一人が毒物死した。派閥抗争の果てか、学説の対立か?それとも教授の娘をめぐる愛憎劇なのか?恋人和也への愛と不信の狭間に揺れる明子。ミステリー界の双璧が放つ本格長編推理。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 在原業平殺人事件
  • 在原業平殺人事件

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中