ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 手で書き写したい名文

  • 手で書き写したい名文

手で書き写したい名文

  • 中村明/著 中村 明(ナカムラ アキラ)
    1935年、山形県鶴岡市に生まれる。国立国語研究所室長・成蹊大学教授を経て現在、早稲田大学教授。専攻は文体論・表現論。『角川新国語辞典』『集英社国語辞典』の編集委員

  • ページ数
    170p
  • ISBN
    978-4-04-883795-8
  • 発売日
    2002年12月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 写文は最高の文章修行。夏目漱石から村上春樹まで―手で味わい尽くしたい、最高峰の名文34篇厳選。かつてない、強く美しい文章指南書。
目次
第1章 感性をひらく(部屋に沈んでいた女の匂いが―宮本輝「二十歳の火影」
指先には鬱陶しい触感が残って―三島由紀夫「橋づくし」 ほか)
第2章 脈打つリズム(束の間に青春はすぎ去るであろう―井伏鱒二「休憩時間」
死に日和―川上弘美「溺レる」 ほか)
第3章 にじみでる笑い(首だけが、ひとりでに高く登って行く―内田百諱「掻痒記」
「賢妻」と呼んだとしたら―高田保「愚妻」 ほか)
第4章 心のひだを描く(冴え返る心の底へ―芥川龍之介「或日の大石内蔵助」
女の高い声が、澄み切った秋の空に―安岡章太郎「朝の散歩」 ほか)
第5章 イメージゆたかに(頭が澄んだ水になって―川端康成「伊豆の踊子」
湖面をうつろう水紋のように―村上春樹「ノルウェイの森」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 手で書き写したい名文
  • 手で書き写したい名文

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中