ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 悲劇の島 記者の見た玉砕島グアム

  • 悲劇の島 記者の見た玉砕島グアム

ポイント倍率

悲劇の島 記者の見た玉砕島グアム

  • 堀川潭/著 堀川 潭(ホリカワ タン)
    大正6年、島根県に生まれる。昭和16年、日本大学芸術科卒業。在学中、同盟通信社に入社、昭和19年に海軍報道班員兼同盟特派員として従軍、米軍捕虜となる。昭和21年、帰国と同時に共同通信に復職。日本文芸家協会会員、日本ペンクラブ会員。昭和54年2月歿

  • シリーズ名
    光人社NF文庫
  • ISBN
    978-4-7698-2367-4
  • 発売日
    2002年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

571 (税込:617

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 玉砕は太平洋戦争が生んだ悲劇である。グアム守備隊の壊滅後、報道班員一行は島の北端に追い込まれ、自決か突撃かの関頭に立たされた―荒涼たる岩礁地帯からジャングルに分け入り、雨と飢渇と絶望と戦い、生命の極限状況のもとで、流浪の果てに、奇しくもアメリカ兵士と対決するまでの二ヵ月間を描く感動作。
目次
第1章 脱出
第2章 死魔
第3章 別離
第4章 死骸
第5章 共産
第6章 極限
第7章 敵陣
第8章 歌声
第9章 落日

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 悲劇の島 記者の見た玉砕島グアム
  • 悲劇の島 記者の見た玉砕島グアム

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中