ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 純血の檻

  • 純血の檻

純血の檻

  • 吉原理恵子/〔著〕 吉原 理恵子(ヨシハラ リエコ)
    10月4日生まれ。福岡県出身在住。「小説JUNE」にてデビュー

  • シリーズ名
    角川ルビー文庫
  • ページ数
    220p
  • ISBN
    978-4-04-434220-3
  • 発売日
    2002年12月

476 (税込:514

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『荒神』が宿る山を代々守り続けてきた三原一族。本家宗主の、10年に一度の代替わりが行われるその夏、一族で最も濃い血を継ぐ本城剛志は、遠縁の高村洸一と再会する。幼い頃『神隠し』にあってから、土地を離れることができない洸一は、『荒神』の獣性にひきずられる宗主の狂気を、自ら慰みものになることにより、鎮める役を負わされていた。幼い頃から洸一に想いをよせ、忌まわしい自分の血を呪う剛志は、代替わりの神事に乗じて封印をとこうとするが―。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 中学生 高校生

ページの先頭へ

閉じる

  • 純血の檻
  • 純血の檻

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中