ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 江戸前の旬  15

  • 江戸前の旬  15

江戸前の旬  15

  • シリーズ名
    ニチブンコミックス
  • ISBN
    978-4-537-10127-0
  • 発売日
    2002年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

495 (税込:535

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 記憶に新しいタマちゃん騒動。一匹のアザラシが川に現れただけで、どうしてあれほどの騒ぎになったのだろう。それはやはり外見の愛くるしさと、のんびり泳いでいるマイペースな姿に、ある種の「癒し」を感じたからではないだろうか。
    そう、我々はやはり癒しを求めているのである。景気が上がらない昨今、心も荒みがちである。そんな時にタマちゃん騒動のような話を聞くと、くすっと笑えてしまうのである。言ってみれば、「ちょっといい話」と言ったところか。
    今回、15巻目を迎える『江戸前の旬』も「ちょっといい話」の宝庫であると言えるだろう。15巻も柳寿司を舞台とした、様々な人間ドラマが満載である。登場人物は皆、それぞれが悩みやトラブルを抱えている。しかし柳寿司を出るとき、その顔は晴れやかになっている。主人公・旬の心を込めた寿司が、その役割を果たしている事は言うまでもないだろう。
    笑える話、泣ける話、色々なストーリーがあるが、全てに共通するのは爽やかな読後感である。タマちゃんを見た時と同じような、心が和む感覚を覚える事、請け合いである。この『江戸前の旬』第15巻、是非読んで心の洗濯をして頂きたい。
    (馬場・オージェイ)

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル ニチブンC

ページの先頭へ

閉じる

  • 江戸前の旬  15
  • 江戸前の旬  15

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中