ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 恋愛の格差

  • 恋愛の格差

恋愛の格差

  • 村上龍/著 村上 龍(ムラカミ リュウ)
    1952年長崎県佐世保市生まれ。武蔵野美術大学中退。76年『限りなく透明に近いブルー』で芥川賞受賞。メールマガジンJapan Mail Mediaも配信中

  • ページ数
    249p
  • ISBN
    978-4-413-02153-1
  • 発売日
    2002年10月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書では、現代日本の「格差を伴った多様性」の中での、恋愛の可能性について書いている。
目次
それでもわたしは幸せ、と言えるだろうか
結婚しなければ生きていけない女
「なぜ彼を好きなのか」答えられますか
自分を高く売れなければ意味がない
恋愛のリスクとコスト、そして利益
パラサイト・シングルに恋愛は可能か?
セックス、同棲、不倫…そのモラルと現実
「選ばれる」ことは本当にいいことか
果たしてその恋愛に希望はあるのか
自分をごまかす恋愛の結末〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 恋愛の格差
  • 恋愛の格差

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中