ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 犯した罪に向きあうこと 少年事件の臨床 2

  • 犯した罪に向きあうこと 少年事件の臨床 2

犯した罪に向きあうこと 少年事件の臨床 2

  • 神谷信行/著 神谷 信行(カミヤ ノブユキ)
    1977年中央大学法学部卒。1983年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。少年法委員会委員

  • ISBN
    978-4-7503-1598-0
  • 発売日
    2002年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,900 (税込:2,090

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、少年法「改正」を一瞥し、今後の付添人活動はどのようにあるべきかについて、実務にそくして実感的に考察することを目的として書かれたものである。第1章「改正」少年法と付添人活動、第2章事件という「学校」、第3章少年の「居場所」探しまでが広い意味での「著者の付添人活動・総論」であり、現在、自立援助ホームに深くかかわっている体験に基づき、そのスタッフの視点から弁護士や審判のあり方を再検討したものである。第4章犯した罪に向きあう、第5章あるカンボジア難民少年との「長い時」、第6章不登校の子の母とのeメール交信は、実際の事件現場からのケース報告であり、「付添人活動・各論」にあたる。最後に、『千と千尋の神隠し』を観て、ストーリーの奥に秘められた謎をどこまで読み解けるか試み、少年に付き添う者として子どもを見る目を鍛えるケーススタディを載せた。
目次
第1章 「改正」少年法と付添人活動
第2章 事件という「学校」―私の実感的付添人活動論
第3章 少年の「居場所」探し―試験観察・補導委託と付添人活動
第4章 犯した罪に向きあう―内なる「影」との闘い
第5章 あるカンボジア難民少年との「長い時」
第6章 不登校の子の母とのeメール交信
終章 『千と千尋の神隠し』と子どもたち

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 犯した罪に向きあうこと 少年事件の臨床 2
  • 犯した罪に向きあうこと 少年事件の臨床 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中