ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 中央アジア秘宝発掘記

  • 中央アジア秘宝発掘記

中央アジア秘宝発掘記

  • ル・コック/著 木下竜也/訳 ファン・ル・コック,アルベルト
    1860~1930。ドイツの葡萄酒商人の家に生まれる。英・米留学中に医学等を学び、27歳からドイツに戻って家業を手伝うが、40歳でベルリンに移ってオリエント諸国語の学習を始めた。42歳でベルリン民族学博物館の無給研究員となり、新疆省トルファン探検の第二次から第四次遠征に加わる。調査の成果として厖大なコレクションを持ち帰り、1925年以降はベルリンの民族学博物館館長として学術的展示や図録の制作に努め、西域美術を世界に紹介した

  • シリーズ名
    中公文庫 BIBLIO
  • ISBN
    978-4-12-204091-5
  • 発売日
    2002年09月

800 (税込:880

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • トゥルファン、キジル、クムトラ…。20世紀初頭、東西の文化・宗教が幾重にも入り交じる中央アジアのオアシス都市をめぐり、砂に埋もれた遺跡を訪ねたドイツのル・コック隊による、めざましい発掘探検の記録。
目次
緒言
トゥルファン・カラコージァに入る
カラコージァ発掘
サンギム・トゥヨク発掘
コムールにて
第三次探検隊
キジル発掘
コルラ・カラシァール発掘
帰国

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
原題 原書名:Auf Hellas Spuren Ostturkisttan
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 中央アジア秘宝発掘記
  • 中央アジア秘宝発掘記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中