ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 公共哲学 9 地球環境と公共性

  • 公共哲学 9 地球環境と公共性

公共哲学 9 地球環境と公共性

  • 佐々木毅/編 金泰昌/編 佐々木 毅(ササキ タケシ)
    1942年生れ。東京大学総長。政治学・政治学史専攻

    金 泰昌
    1934年生れ。将来世代総合研究所長。1990年来日。政治哲学・比較社会思想専攻

  • 巻の書名
    地球環境と公共性
  • 巻の著者名
    佐々木毅/編 金泰昌/編
  • ISBN
    978-4-13-003419-7
  • 発売日
    2002年06月

3,800 (税込:4,180

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 地球環境問題は一国では対応できない課題を人類につきつけており、まさにグローカルな公共性が求められている。地球環境の現状と課題は何か。また環境倫理、生命倫理、環境的公共性はいかにして構想できるのか。本巻は、21世紀地球レベルの新たな公共性を探る。
目次
1 コモンズと地球環境
2 地球温暖化と倫理
3 将来世代から見た資源・環境の公共性
4 “公害”と公共性
5 オゾン層の破壊と地球
6 環境法と公私問題
7 環境倫理と公私問題
8 地球環境・生命倫理・公私問題
9 環境的公共性の理念形成

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 公共哲学 9 地球環境と公共性
  • 公共哲学 9 地球環境と公共性

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中