ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 講座・生態人類学 7 エスノ・サイエンス

  • 講座・生態人類学 7 エスノ・サイエンス

講座・生態人類学 7 エスノ・サイエンス

  • 寺嶋秀明/編著 篠原徹/編著 寺嶋秀明/〔ほか著〕 寺嶋 秀明(テラシマ ヒデアキ)
    1951年生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了、理学博士。現、神戸学院大学人文学部教授

    篠原 徹(シノハラ トオル)
    1945年生まれ。京都大学理学部および文学部卒業、博士(文学)。現、国立歴史民俗博物館・総合研究大学院大学教授

  • 巻の書名
    エスノ・サイエンス
  • 巻の著者名
    寺嶋秀明/編著 篠原徹/編著 寺嶋秀明/〔ほか著〕
  • ISBN
    978-4-87698-331-5
  • 発売日
    2002年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,520

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いかなる人間集団も、エコロジーのベースとしてのサイエンスをもつ。すなわち、みずからの生きる世界を認識し、彼我の関係をうち立て、よりよく生きるための知の体系である。この意味におけるエスノ・サイエンスは、分解され抽象化され、形骸化した知ではない。人間の生とともにあり、種々の行為を通じて統合された形であらわされる知である。本書では、さまざまなフィールドにおいて、人々の肉体・作品・生活・生態をとおして具体的に語られる知の体系を提示する。
目次
第1章 イトゥリの森の薬用植物利用
第2章 半栽培と共創―中部アフリカ、焼畑農耕民の森林文化に関する一考察
第3章 海辺のエスノ・サイエンス―パプアニューギニア・マヌス島民の民俗知識と食物交換の変容に関する考察
第4章 創られたヒツジ―中国・江南農耕地帯の在来ヒツジの品種改良にみる家畜観
第5章 ネパール山地民マガールの藪林焼畑
第6章 西チベット、ラダッキの民族医学―アムチの医学理論とその実践

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 講座・生態人類学 7 エスノ・サイエンス
  • 講座・生態人類学 7 エスノ・サイエンス

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中