ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本中世住宅の研究

  • 日本中世住宅の研究

ポイント倍率

日本中世住宅の研究

  • ページ数
    608p
  • ISBN
    978-4-8055-0418-5
  • 発売日
    2002年05月

33,000 (税込:35,640

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は鎌倉時代初期より室町時代末期に至る領主層の住宅研究である。住宅の構造的論考はもとより、ハレとケなどの生活概念が生活の基盤である住居の構成をどのように規制してきたのかを考察。中世住宅、すなわち寝殿造から書院造が成立していくその変遷過程を論じた歴史的名著。
目次
第1編 鎌倉時代後半期における内裏と院御所の研究
第2編 鎌倉時代後半期における洛外院御所の研究
第3編 鎌倉時代公卿邸宅の研究
第4編 室町時代の内裏と院御所の研究
第5編 足利将軍御所の研究
第6編 中世寺家住房の研究
付編 中世の会所をめぐる諸問題

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 26cm
版数 新訂

商品のおすすめ

ハレとケなどの生活概念が生活の基盤である住居の構成をどのように規制してきたのかを考察。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本中世住宅の研究
  • 日本中世住宅の研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中