ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 罪なきものの虐殺 動物実験全廃論

  • 罪なきものの虐殺 動物実験全廃論

罪なきものの虐殺 動物実験全廃論

  • ハンス・リューシュ/著 荒木敏彦/訳 戸田清/訳 荒木 敏彦(アラキ トシヒコ)
    1927年生まれ。東京大学文学部英文科卒業。1993年、成蹊大学法学部教授を定年退職、現在に至る

    戸田 清(トダ キヨシ)
    1956年大阪府生まれ。大阪府立大学、東京大学で獣医学を、一橋大学で社会学を学ぶ。日本消費者連盟事務局、都留文科大学ほか非常勤講師を経て、1997年から長崎大学環境科学部助教授(科学史、環境社会学)

  • ページ数
    377,5p
  • ISBN
    978-4-7877-0205-0
  • 発売日
    2002年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,860

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 私たちの知らない密室で、残虐で非科学的な実験が、日々繰り返されている。欧米の厖大な医学雑誌・新聞記事から資料を収集し、動物実験がいかに無意味で医療と薬品開発の方向を誤らせているかを明らかにした名著。
目次
第1章 科学か狂気か?
第2章 声なきもの
第3章 証拠
第4章 事実と幻想
第5章 新しい宗教
第6章 生化学のベルナール主義
第7章 人間性喪失
第8章 反逆
第9章 因果応報
第10章 結論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原書名:Imperatrice nuda
対象年齢 一般
版数 新版

ページの先頭へ

閉じる

  • 罪なきものの虐殺 動物実験全廃論
  • 罪なきものの虐殺 動物実験全廃論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中