ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 月雪花の伝統 古典和歌の論

  • 月雪花の伝統 古典和歌の論

月雪花の伝統 古典和歌の論

  • 柴生田稔/著 柴生田 稔(シボウタ ミノル)
    明治37年6月26日、三重県河芸郡玉垣村(現鈴鹿市)に生まれる。大正15年東京帝国大学文学部哲学科に入学したが翌年退学して、同大学文学部国文学科に入学。その年12月、斎藤茂吉に目見え、アララギに入会した。昭和5年東京帝国大学卒業、大学院に入学。昭和6年明治大学予科講師。昭和12年教授。昭和16年陸軍予科士官学校教授。昭和21年明治大学予科に復帰。昭和24年新制明治大学文学部教授。昭和47年明治大学停年退職、駒沢大学文学部教授。明治大学名誉教授。昭和55年駒沢大学停年退職。平成3年8月20日逝去(87歳)。アララギ編集委員、上代文学会顧問

  • ページ数
    272p
  • ISBN
    978-4-305-70157-2
  • 発売日
    2002年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アララギ派の歌人で、万葉研究者であった柴生田稔の万葉集から始まる和歌史論の数々は、その不偏にして透徹した眼力に、隠された真実が発き出されている。人麿・黒人・赤人・家持を論じ、古今集から新古今集、玉葉風雅から井手曙覧まで、抒情の流れを活写する。柴生田稔遺論集。
目次
月雪花のはじめ
古代文学の現代的意義
万葉集短歌の韻律
柿本人麻呂
人麻呂歌集と人麻呂作(覚書)
万葉集巻十一人麻呂歌集の旋頭歌
高市黒人と山部赤人
大伴家持―作風を押し進める力
万葉集古今相聞往来歌と東歌
古今集・新古今集と万葉集〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

人麿・家持を論じ・古今集から新古今集、玉葉風雅から井出曙覧まで、日本の抒情の流れを活写。

ページの先頭へ

閉じる

  • 月雪花の伝統 古典和歌の論
  • 月雪花の伝統 古典和歌の論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中