ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 腰痛を防ぐらくらく動作介助マニュアル

  • 腰痛を防ぐらくらく動作介助マニュアル

腰痛を防ぐらくらく動作介助マニュアル

  • 山本康稔/著 加藤宗規/著 中村惠子/著 山本 康稔(ヤマモト ヤストシ)
    1948年東京都生まれ。理学療法士。社会医学技術学院卒。東京都立広尾病院、三愛会伊藤病院、多摩丘陵病院(リハビリテーション科副部長)、東都リハビリテーション学院(理学療法学科:教務主任)、高根台病院(リハビリテーション科長)を経て、現在、東京天使病院(リハビリテーション科部長)。併せて、社団法人東京都理学療法士会理事広報局長。また、1997年より、「動作介助研究会」を主宰する。病院勤務のかたわら、町田市の在宅訪問リハビリを立ち上げるなど、福祉におけるリハビリテーションに力を注いできた

    加藤 宗規(カトウ ムネノリ)
    理学療法士。高知リハビリテーション学院卒。定山渓病院、多摩丘陵病院などを経て、現在、東都リハビリテーション学院(理学療法学科:教務主任)。併せて、社団法人東京都理学療法士会広報部長。教授活動のかたわら、理学療法の基礎と評価、教育に関する研究活動に力を注いできた

    中村 恵子(ナカムラ ケイコ)
    北海道生まれ。北海道立衛生学院卒(看護婦)。1968~1975札幌医科大学付属病院(胸部心臓血管外科)。1975~1999杏林大学医学部付属病院(外科系病棟、中央手術部、救命救急センター、集中治療部門を経て1990年から看護部長)。1987~1999同医学部付属看護専門学校副校長。1992~1999杏林大学保健学部教授。1999~現在、青森県立保健大学教授(成人看護学、老人看護学領域)

  • ページ数
    206p
  • ISBN
    978-4-260-33189-0
  • 発売日
    2002年03月

3,600 (税込:3,888

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、「動作介助の意義」からはじまり、「動作介助の原則」「寝返り」「起き上がり」「立ち上がり」「トランスファー(移乗)」「動作介護における力学」「腰痛とその予防」「各種姿勢」「ベッド・車イスなどの福祉用具」「まとめ」という11章で構成され、解説と写真を組み合わせて、「目で見る動作介助マニュアル」として看護・介護の現場で使えるような工夫がなされている。とくに、トランスファーに関する章では、多くの連続写真をレイアウトして、従来の介助法とは異なる新しい動作介助の動きを具体的に詳述。そのほか、動作の基礎としての力学的な解説や、介助者の腰になぜ負担がかかりやすいのか?といった腰痛予防の視点からの検証、さらにはベッド・車イスなどの選び方まで解説されている。
目次
1 動作介助の意義
2 動作介助の原則
3 寝返り
4 起き上がり
5 立ち上がり
6 トランスファー(移乗)
7 動作介助における力学
8 腰痛とその予防
9 各種姿勢
10 ベッド・車イスなどの福祉用具
11 まとめ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 腰痛を防ぐらくらく動作介助マニュアル
  • 腰痛を防ぐらくらく動作介助マニュアル

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中