ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アカオオハシモズの社会

  • アカオオハシモズの社会

アカオオハシモズの社会

  • 山岸哲/編著 山岸 哲(ヤマギシ テツ)
    1939年長野県に生まれる。信州大学教育学部卒業。大阪市立大学理学部教授をへて、現在、京都大学大学院理学研究科教授、山階鳥類研究所副所長(併任)。理学博士

  • ISBN
    978-4-87698-440-4
  • 発売日
    2002年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,672

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 野生生物の宝庫マダガスカルの生き物たちの中でも、とりわけユニークな鳥アカオオハシモズ。若い雄による「ヘルパー」行動や、「頼りになる兄貴分」とでも言える混群の中での独特の位置など、彼らのみせる生態・社会行動は、遺伝や社会進化、群集形成といった生物学上の重要テーマを解く上で非常に示唆に富む。これまでもマダガスカルの魅力を広く著してきた編者らが、長期研究の総決算として、美しい小鳥との出会いから生態学全般の謎解きに至るまでを、魅力あふれる文章で語り上げる。
目次
第1部 アンピジュルアの森(研究の発端
アカオオハシモズの棲む森アンピジュルア
アカオオハシモズを知る ほか)
第2部 アカオオハシモズの社会(オスの奇妙な生活史
パラサイト・シングル?いや、リクルート戦略!
息子を産むべきか、娘を産むべきか)
第3部 アカオオハシモズがたどった道(アカオオハシモズがたどった道
オオハシモズ科鳥類の比較社会
協同繁殖はどのように進化してきたか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • アカオオハシモズの社会
  • アカオオハシモズの社会

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中