ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • X線分析最前線 改訂

  • X線分析最前線 改訂

X線分析最前線 改訂

  • 合志陽一/監修 佐藤公隆/編集 合志 陽一(ゴウシ ヨウイチ)
    1937年生。東京大学工学部応用化学科卒(工博)、国立環境研究所理事長。専門分野は工業分析化学

    佐藤 公隆(サトウ キミタカ)
    1937年生。東京理科大学理学部化学科卒(理博)、(株)日鉄テクノリサーチ。専門分野は表面分析、物理解析、材料科学(先進複合材料)

  • ISBN
    978-4-900041-95-0
  • 発売日
    2002年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,000 (税込:5,500

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「総論」では概要、各手法の特徴と使い分けについて、「方法論」でPIXEや全反射蛍光X線などの先端的内容を、「応用編」は薄膜・半導体やユニークな物質への応用例を紹介するなど、全編を通してX線分析の最前線の情報を網羅した。分析技術者、材料研究者ばかりでなく、先進材料の現場においても必携の書。
目次
総論(新たな発展期を迎えたX線分析
X線分析の特徴と使い分け―なぜX線分析を使うのか)
方法論(全反射蛍光X線分析
蛍光X線の干渉現象
X線回折分析
イオン励起X線分析(PIXE) ほか)
応用編(半導体材料とX線分析
金属・無機材料とX線分析
有機・高分子材料とX線分析
カラーラウエ法による薄膜の構造解析 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
版数 改訂

ページの先頭へ

閉じる

  • X線分析最前線 改訂
  • X線分析最前線 改訂

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中