ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 仕事は楽しいかね?

  • 仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

  • デイル・ドーテン/著 野津智子/訳 ドーテン,デイル(Dauten,Dale)
    1950年生まれ。アリゾナ州立大学大学院(経済学)卒業後、スタンフォード大学大学院で学ぶ。1980年、マーケティング・リサーチ専門会社、リサーチ・リソーセス(Reserch Resources)を起業し、マクドナルド、3M、P&G、コダックなど大手優良企業を顧客に持つ全米でもトップ・レベルの会社にまで成長させる。1991年、新聞に執筆したコラムが好評を博し、執筆活動を開始。現在米国を代表する人気コラムニスト。氏が執筆するコラムは、100社以上の新聞社に配信され、毎週1000万人以上に愛読されている。執筆活動のかたわら、企業講演、従業員訓練やキャリア・セミナーを主催し、意思決定論、人材育成、キャリア・アップによる能力開発や成功をテーマに独自の理論を展開している

    野津 智子(ノズ トモコ)
    獨協大学外国語学部フランス語学科卒業。在学中に、外国語を日本語に表現し直すおもしろさを知り、勉強を開始。現在はノンフィクションやビジネス書を中心とした出版翻訳、芸術関係の字幕翻訳に日々奮戦している。『鉄仮面』でデビュー

  • ページ数
    181p
  • ISBN
    978-4-87771-078-1
  • 発売日
    2001年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 出張の帰りに、大雪のため一昼夜空港のロビーに足止めされた「私」。
    そこで出会ったある老人に、つい仕事で鬱積(うっせき)した感情をぶつけてしまう。
    老人は実は、企業トップがアドバイスをほしがるほどの高名な実業家。
    その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。

    本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、
    老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語である。
    それは、唐突に繰り出される老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していく。
    たとえば老人は「目標を立てるな」という。「私」は、目標がなければ進歩の度合いが測れず、
    軌道修正もできないと反論する。
    しかし老人は、斬新なアイデアや商品がなぜ誕生したかを説き明かし、
    それらが目前の課題に集中した結果であることを指摘。
    また、世の中は自分が目標を達成するまで待ってはくれないとも言う。
    そして「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」「明日は今日と違う自分になる、だよ」などのアドバイスをおくる。
目次
仕事は楽しいかね?
人生とは、くだらないことが一つまた一つと続いていくのではない。一つのくだらないことが〈何度も〉繰り返されていくのだよ。
試してみることに失敗はない
明日は今日と違う自分になる、だよ。
これは僕の大好きな言葉の一つなんだ。「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」というのがね。
必要は発明の母かもしれない。だけど、偶然は発明の父なんだ。
目標に関するきみの問題は、世の中は、きみの目標が達成されるまで、じーっと待っていたりしないということだよ。
きみたちの事業は、試してみた結果失敗に終わったんじゃない。試すこと自体が欠落してたんだ。
あの実験で学ぶべきことはね、「あらゆるものを変えて、さらにもう一度変えること」なんだよ。
それはね、「あるべき状態より、良くあること」なんだ。〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原書名:The max strategy
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 仕事は楽しいかね?
  • 仕事は楽しいかね?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中