ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2) MBAバリュエーション

  • MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2) MBAバリュエーション

MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2) MBAバリュエーション

  • 森生明/著 森生 明(モリオ アキラ)
    1959年大阪府生まれ。1983年京都大学法学部卒。1986年ハーバード・ロースクール卒(法学修士)。日本興業銀行、米国投資銀行ゴールドマン・サックスにてM&A(企業買収)アドバイザー業務に従事。その後米国上場メーカーのアジア事業開発担当副社長、日系企業の経営企画・IR担当を経て1999年独立。現在は、上手国際法律事務所である西村総合法律事務所の経営顧問を始め、ベンチャー企業数社の経営顧問、M&Aアドバイスを担当

  • 巻の書名
    MBAバリュエーション
  • 巻の著者名
    森生明/著
  • ISBN
    978-4-8222-4246-6
  • 発売日
    2001年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は会社の値段が決められる仕組みを解明しようというものである。「投資活動の基本原理は意外に単純だ」と割りきり、核心部分だけをしっかり掴まえ、後はひたすら現場感覚で常識的に考える。そういうアプローチにより、ファイナンスやM&Aの世界が目鼻立ちすっきり見えてくる。これが著者の考える実務の視点である。


    教科書というより経験談収録書になってしまいましたが・・・
    「会社の値段って誰がどうやって決めるの?」という素朴な疑問に答える本 を、MBA教育を受けないまま実務の世界で葛藤した者ならではの視点で書いてみました。外資系企業やM&A実務に興味のある学生諸氏から企業価値創造の責務を担う経営者の皆様まで、一読して勘所が頭に入る構成を心掛けました。難しげなタイトルにもかかわらず予想以上に広い層の方々から好評いただき、著者としては驚き喜んでいます。
目次
基礎編 道具の理解―経営のグローバル共通言語(企業価値という共通語
企業価値を決める要因
会社の値段と企業価値の違い)
実務応用編 株価算定とM&Aの実務(会社の値決めの実際1‐市場による評価
会社の値決めの実際2‐会社を買収する場合
M&Aによる価値創造のしかけ
M&A現場の実況中継―A社を買収せよ
「良い」M&Aと会社経営)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

昨今、タイトルに何がしかMBAと書かれた本は、ときとして西欧的なMBA教育のメリットの礼賛か、冷たく無味乾燥なファイナンス理論の本だと、先入観を持って考えられてしまうところがあるかもしれない。けれどもこの本では、精緻な企業価値評価理論を知るだけでなく、人々の信頼によって成り立つ資本市場を理解し、市場にかかわる人々の「息づかい」さえ感じることができる。

著者はハーバード・ロースクールに学び、投資銀行などの前線における経験を豊富に持つM&Aアドバイザー。全8章立てで、価値評価方法の本質を説明することを目標に、基礎編と実務応用編に分けて構成されている。第3章までの基礎編では、「企業価値」およびそれを決める要因、価値の測り方など、MBA教育とその実践の場における、「経営のグローバル共通言語」を学ぶことができる。

応用編では、「株価算定とM&Aの実務」が焦点になり、会社の値決めの実際や、「価値創造」の仕掛けに関して、最新のトピックスが数多く収められている。単色刷りではあるが図表が多く、M&Aスキーム全体についての理解の助けになる。巻末では、用語索引が日英併記され、参考書としての使い勝手もよい。

本書は、単に理論を伝えようとする図書ではないし、練習問題がたくさん収められたテキストのたぐいでもない。むしろ、著者の「思い」が託された1冊である。ふとした行間で、現場を大事にする著者のメッセージに触れられるため、読んでいて楽しい。また、歴史的背景にまで言いおよぶ、著者の思いやりにあふれた筆遣いが印象的だ。

これからMBA教育を受ける機会を得ようとする人、あるいはすでに企業価値評価やM&Aの知識を持つ人におすすめできる。これからこの分野に携わる人にとっては、教科書として学べることが多いし、すでに「実戦」にかかわっている人も、著者と視点を共にして、はっとすることがあるはずだ。久々に出合えた、大事にしたい1冊である。(任 彰)

ページの先頭へ

閉じる

  • MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2) MBAバリュエーション
  • MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA2) MBAバリュエーション

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中