ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マリー・アントワネットは夜、哲学する

  • マリー・アントワネットは夜、哲学する

ポイント倍率

マリー・アントワネットは夜、哲学する

  • 金塚貞文/著 金塚 貞文(カネズカ サダフミ)
    哲学者。東京都生まれ。早稲田大学第一文学部中退。フロイト、フッサール、メルロ・ポンティなどの研究を通じて、独自の身体論を構築し注目をあびる。1990年代、フランス哲学を研究するため7年間パリに遊学

  • ページ数
    222p
  • ISBN
    978-4-8379-1919-3
  • 発売日
    2001年11月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • マリー・アントワネットが、そっと、過激に語りかける、女と男の「愛と性」。
目次
プロローグ わたしは、哲学する女に生まれ変わりました。
第1章 結婚という「儀式」はしたものの…。
第2章 ルイ十六世の“欠陥”と、わたしの放蕩
第3章 女同士の不毛な確執
第4章 同性愛で知った至福
第5章 享楽・アバンチュール・不倫の罠
第6章 民衆の第一の敵、王妃マリー・アントワネット
第7章 生涯一度、命を賭した愛
第8章 淫婦マリー・アントワネットの裁判
エピローグ 淫らな女は不滅です。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • マリー・アントワネットは夜、哲学する
  • マリー・アントワネットは夜、哲学する

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中