ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 奪はれた歴史 未来ある国家観の再生に向けて

  • 奪はれた歴史 未来ある国家観の再生に向けて

奪はれた歴史 未来ある国家観の再生に向けて

  • 小堀桂一郎/著 小堀 桂一郎(コボリ ケイイチロウ)
    昭和8年東京生まれ。昭和33年東京大学文学部独文科卒業、昭和43年博士課程修了、文学博士。昭和36~38年ドイツに留学。昭和43年東京大学助教授、昭和60年同教授、平成6年退官。現在、明星大学日本文化学部教授。専攻は比較文化論、日本思想史。平成13年2月、第16回正論大賞受賞

  • ISBN
    978-4-569-61791-6
  • 発売日
    2001年08月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 東京裁判、歴史教科書、靖国参拝、そして中国。外圧に惑わされない自らの歴史観をいま、私たちは、どう築きあげるべきか。
目次
第1章 奪はれた歴史(東京裁判を見直す―「歴史解釈権」の回復を
国家主権意識の再生を ほか)
第2章 大いなる過誤(中華覇権主義を排す
アメリカへの忠告―「親中・排日」の過ちを犯すなかれ ほか)
第3章 漢奸の病理(国を売る者たち―朝日新聞記者諸君へ
外国人への参政権付与に異議 ほか)
第4章 「公」と「国」(「明治の精神」―その崩潰の後に来たもの
靖国神社公式参拝の実現を ほか)
第5章 戦後教育の陥穽(「国民教育」の意義と使命―国民性の刻銘なき人格の不幸
「新指導要領」実施を危惧する ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 奪はれた歴史 未来ある国家観の再生に向けて
  • 奪はれた歴史 未来ある国家観の再生に向けて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中