ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 光に向かって100の花束ベストセレクション20

  • 光に向かって100の花束ベストセレクション20

光に向かって100の花束ベストセレクション20

  • 高森顕徹/著 高森 顕徹(タカモリ ケンテツ)
    昭和4年、富山県生まれ。龍谷大学卒業。日本各地や海外で講演、執筆など

  • ページ数
    84p
  • ISBN
    978-4-925253-02-4
  • 発売日
    2001年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『光に向かって100の花束』の中から、人気の高い20話を選び、ベテラン声優が朗読。オールカラーで編集した美しい書籍とセットになっています。朗読CDを聴きながら、親子で、家族で、楽しくページをめくることができます。結婚祝い、出産祝い、入学祝い…プレゼントにも最適な1冊。
目次
この柱も痛かったのよ―うるわしき母子
にこやかな笑顔と、明るいあいさつほど世の中を楽しくするものはない
一職を軽視する者は、どんな地位におかれても、不平をもつ―秀吉の心がけ
忙しい人ほど勉強できる―暇を盗む
本来の女性は、人生の大地のようである
先生、毒薬を一服盛ってください―名医の処方
「どうぞ」の一言とほほ笑みに、すっかりほれこんでしまった
花嫁が泣くのは、初めて親心のありがたさを知るからだ
一番好きな人を生命がけで育ててくださったお母さんが、一番好きです
かんしゃくの、くの字を捨てて、ただ感謝
「ここだなあ」と思い出せ―苦難の嵐に向かって
人を身なりで判断はできない―一休と門番
お嫁にいったら、毎日よい着物を着て、おいしいものを食べて、よくお化粧するのですよ
夫婦はもともと他人である。だからケンカもする
己を変えれば、夫も妻も子供もみな変わる
悪人ばかりだとケンカにならない―一家和楽の秘訣
約束は、必ず、はたさなければならない
施した恩は思ってはならぬ受けた恩は忘れてはならない
富んでも、昔の貧しさを忘れ、おごるなかれ―岩崎弥太郎氏とその母
一番おいしいものは塩、まずいものも塩

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 光に向かって100の花束ベストセレクション20
  • 光に向かって100の花束ベストセレクション20

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中