ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • KV-1&KV-2重戦車 1939-1945

  • KV-1&KV-2重戦車 1939-1945

KV-1&KV-2重戦車 1939-1945

  • スティーブン・ザロガ/著 ジム・キニア/著 高田裕久/訳 ザロガ,スティーヴン(Zaloga,Steven)
    1952年生まれ。装甲車両の歴史を中心に、現代のミリタリー・テクノロジーを主題とした20冊以上の著作を発表。旧ソ連、東ヨーロッパ関係のAFV研究家として知られ、また、米国の装甲車両についても著作がある

    キニア,ジム(Kinnear,Jim)
    1959年グラスゴー生まれ、1982年アバディーン大学卒。ソ連およびロシアにおけるAFVの兵器システムと輸送用車両についての著作がある

    サースン,ピーター(Sarson,Peter)
    世界でもっとも経験を積んだミリタリー・アーティストのひとりであり、英国オスプレイ社の出版物に数多くのイラストを発表

    高田 裕久(タカダ ヒロヒサ)
    1959年10月生まれ。千葉県市川市出身。法政大学経済学部卒。専攻はソ連重工業史。1983年より、千葉県市川市にて模型店「MAXIM」を経営。そのほかに模型開発の外注も行い、香港のドラゴンモデルのAFVキットのいくつかを手掛ける。最近は「GUM‐KA」にて、世界水準の国産レジンキット開発を進める

  • シリーズ名
    オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦車イラストレイテッド 10
  • ISBN
    978-4-499-22747-6
  • 発売日
    2001年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • KV重戦車はソ連邦国防人民委員クリメント・ヴォロシーロフ元帥にちなんで名付けられ、その火力と重装甲でドイツ軍を恐れさせたが、過大な重量と懸架装置の機械的信頼性の低さという弱点をもつ戦車でもあった。本書は第二次大戦以前のT‐35多砲塔戦車からKV重戦車、さらに最強のスターリン・シリーズにいたる、ソ連重戦車デザインの変遷を追い、KVシリーズの戦歴と派生型を解説。戦前の戦車設計理論にはじまり、フィンランド冬戦争でソ連重戦車が実戦で経験した諸問題に触れ、さらに独ソ戦開戦時のドイツ側の反応と、当時のソ連軍の実情を、KV重戦車の戦闘記録から紹介。開戦時の大打撃を乗り越えて復活をとげる赤軍戦車部隊に配備されたKV重戦車の改良型と派生型が、最後の舞台となるクルスクの戦闘でティーガーIと戦うまでを収めた、第二次大戦前半期のソ連重戦車史である。
目次
計画と開発
KV‐1の内部構造と改良
戦歴
装甲の改良
派生型
戦術上の問題

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25cm
原題 原書名:KV 1&2 heavy tanks 1939-45
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • KV-1&KV-2重戦車 1939-1945
  • KV-1&KV-2重戦車 1939-1945

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中