ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 条件付確率場の理論と応用

  • 条件付確率場の理論と応用

条件付確率場の理論と応用

  • 盛川仁/著 丸山敬/著 盛川 仁(モリカワ ヒトシ)
    東京工業大学大学院総合理工学研究科助教授。京都大学博士(工学)。1995年京都大学大学院工学研究科土木工学専攻博士後期課程単位認定退学。日本学術振興会特別研究員、京都大学工学部・大学院工学研究科助手、鳥取大学工学部土木工学科助教授をへて2001年4月より現職。専攻、地震工学・確率過程論

    丸山 敬(マルヤマ タカシ)
    京都大学防災研究所大気災害研究部門助教授。京都大学博士(工学)。1984年京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。京都大学防災研究所助手、ドイツ・カールスルーエ大学流体力学研究所客員研究員をへて1998年3月より現職。専攻、風工学・耐風構造

  • ISBN
    978-4-87698-420-6
  • 発売日
    2001年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,740

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 高層構造物周辺の気流予測、ダイオキシンの拡散予測、市街地火災などを数値的にシミュレートするには何が必要か?条件付確率場の理論を用いて、観測や計測によって得られた既知波を条件とする変動場を生成する方法を解説する。
目次
第1章 定常確率過程論の基礎
第2章 条件付確率場の基本理論
第3章 条件付確率場の理論の展開
第4章 波形の生成
第5章 応用例
付録(レイノルズ数
対数法則
レイノルズ応力・レイノルズ平均 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 条件付確率場の理論と応用
  • 条件付確率場の理論と応用

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中