ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ブランドなんか、いらない 搾取で巨大化する大企業の非情

  • ブランドなんか、いらない 搾取で巨大化する大企業の非情

ブランドなんか、いらない 搾取で巨大化する大企業の非情

  • ナオミ・クライン/著 松島聖子/訳 クライン,ナオミ(Klein,Naomi)
    1970年生まれ。「トロント・スター」紙に5年間、週1回のコラムを共同執筆。フリーで「サタデー・ナイト」誌の編集を担当するかたわら、「エルム・ストリート」「グローブ・アンド・メール」「トロント・ライフ」「ビレッジ・ボイス」など、さまざまな新聞・雑誌で記事を執筆している。カナダのトロント在住

    松島 聖子(マツシマ セイコ)
    1965年生まれ。88年明治大学文学部文学科卒。編集者。翻訳者

  • ISBN
    978-4-89361-325-7
  • 発売日
    2001年05月

3,400 (税込:3,672

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 英「タイムズ」紙が「いま35歳以下でもっとも世界で影響力のある人物」と評する若きジャーナリストが、いまや世界的となった反ブランド運動の背景と実態を解説する。
目次
第1部 ノー・スペース―奪われた公共空間(新しいブランド世界―ブランドの誕生、死、そして復活
ブランドの拡大戦略―ロゴはいかにして中央舞台に立ったか ほか)
第2部 ノー・チョイス―奪われた選択肢(増殖するスーパーブランド―新・フランチャイズ爆弾
合併とシナジー―エリートたちのユートピア ほか)
第3部 ノー・ジョブ―奪われた仕事(見捨てられた工場―製造なんて、くだらない
先進国の労働者いじめ―タダ働きから「フリーエージェント」まで ほか)
第4部 ノー・ロゴ―そして反撃は始まった(カルチャー・ジャム―攻撃された広告看板
リクレイム・ザ・ストリート―自由空間を取り戻そう ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:No logo
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ブランドなんか、いらない 搾取で巨大化する大企業の非情
  • ブランドなんか、いらない 搾取で巨大化する大企業の非情

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中