ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 建築構造力学 1

  • 建築構造力学 1

建築構造力学 1

  • 山田孝一郎/共著 松本芳紀/共著 山田 孝一郎(ヤマダ コウイチロウ)
    1928年3月12日生。1950年東京工業大学建築学科卒業。1954年福井大学講師。1958年福井大学助教授。1964年福井大学教授。1993年福井大学名誉教授、現在に至る。工学博士

    松本 芳紀(マツモト ヨシノリ)
    1940年12月27日生。1963年東京工業大学理工学部建築学科卒業。1971年福井大学講師。1972年福井大学助教授、現在に至る。工学博士

  • シリーズ名
    新しい建築工学 4
  • ページ数
    201p
  • ISBN
    978-4-627-50042-6
  • 発売日
    2001年05月

2,500 (税込:2,700

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、木構造・鋼構造および鉄筋コンクリート構造などの建築構造物を構造設計するときの力学的な基礎となる構造力学について、建築学を専攻する大学の学生および技術者向きの入門書または教科書・参考書として記述したものである。第2版では、力の単位としては絶対単位を使用するよう改め、従来使用してきたkgやtを、NやkNに変更した。
目次
構造力学

構造物
構造物の応力
静定ばり
静定ラーメン
静定トラス
静定アーチ
応力度とひずみ度
断面の性質
断面の応力度
部材の変形
部材の設計への応用

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
版数 第2版

ページの先頭へ

閉じる

  • 建築構造力学 1
  • 建築構造力学 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中