ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • デッドリミット

  • デッドリミット

デッドリミット

  • ランキン・デイヴィス/著 白石朗/訳 デイヴィス,ランキン(Davis,Rankin)
    実はキース・ランキンとトニー・デイヴィスというニューカッスルのふたりの元法廷弁護士が共同で執筆するときのペンネーム。映画の脚本をふたりで書いたのがきっかけとなり、1996年に『黒い蘭の女』で小説デビュー、英国リーガルスリラー界の旗手として注目されている

    白石 朗(シライシ ロウ)
    昭和34(1959)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒業。訳書に、スティーヴン・キング『グリーン・マイル』(新潮文庫)、ディーン・クーンツ『戦慄のシャドウファイア』(扶桑社海外文庫)、『心の昏き川』(文春文庫)、ジョン・グリシャム『法律事務所』『パートナー』(新潮文庫)『テスタメント』(新潮社)など多数

  • シリーズ名
    文春文庫
  • ページ数
    498p
  • ISBN
    978-4-16-752775-4
  • 発売日
    2001年05月

790 (税込:853

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 英国首相の兄が誘拐された。兄もまた法務総裁という重職にあるが、犯人の要求は身代金ではなく、総裁が訴追したある殺人事件の真犯人を探し、被告を無罪にすること。すでに裁判は結審、陪審員は評議に入っている。判決がくだされるまでに真犯人を探さなくては!デッドリミットは刻々と迫る。英国リーガルスリラーの旗手登場。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
原題 原書名:Hung jury
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • デッドリミット
  • デッドリミット

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中