ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鏡と仮面 アイデンティティの社会心理学

  • 鏡と仮面 アイデンティティの社会心理学

鏡と仮面 アイデンティティの社会心理学

  • A.L.ストラウス/〔著〕 片桐雅隆/監訳 片桐 雅隆(カタギリ マサタカ)
    1948年東京生まれ。1978年東京都立大学大学院社会科学研究科社会学専攻博士課程修了。現在、大阪市立大学文学部、中京大学社会学部を経て、静岡大学人文学部教授、文学博士(早稲田大学)。専攻は社会学理論、社会心理学、自己論。単著に『日常世界の構成とシュッツ社会学』1982年、時潮社、『変容する日常世界』1991年、世界思想社、『シュッツの社会学』1993年、いなほ書房、『プライバシーの社会学』1996年、世界思想社、『自己と「語り」の社会学』2000年、世界思想社。編著に『意味と日常世界』1989年、世界思想社、『フィクションとしての社会』(磯部卓三氏と共編)1996年、世界思想社。共訳書にN.K.デンジン『エピファニーの社会学』1992年、マグロウヒル出版、H.ブルーマー『産業化論再考』1995年、勁草書房

  • シリーズ名
    Sekaishiso seminar
  • ページ数
    229,13p
  • ISBN
    978-4-7907-0864-3
  • 発売日
    2001年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ストラウス社会心理学の先駆的名著。人は、他者という鏡に映った自己を見つつ、仮面を着脱する。アイデンティティ・言語・メンバーシップ・記憶・歴史などをキーワードとする構築主義的なシンボリック相互行為論の展開。
目次
第1章 言語とアイデンティティ
第2章 自己評価と行為のコース
第3章 相互行為
第4章 アイデンティティの変容
第5章 変化と持続性
第6章 メンバーシップと歴史
第7章 結論のノート

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原書名:Mirrors and masks
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 鏡と仮面 アイデンティティの社会心理学
  • 鏡と仮面 アイデンティティの社会心理学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中