ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 言語聴覚士のための運動障害性構音障害学

  • 言語聴覚士のための運動障害性構音障害学

言語聴覚士のための運動障害性構音障害学

  • 広瀬肇/著 柴田貞雄/著 白坂康俊/著 広瀬 肇(ヒロセ ハジメ)
    1957年東京大学医学部卒業。1962年東京大学生物系大学院博士課程修了。1970年東京大学医学部講師。1972年同助教授。1983年東京大学医学部教授(音声言語医学研究施設)。1993年東京大学名誉教授。北里大学教授(医療衛生学部)

    柴田 貞雄(シバタ サダオ)
    1960年順天堂大学医学部卒業。1963年東京大学医学部耳鼻咽喉科助手。1966年ウィチタ州立大学大学院言語障害学修士課程卒業。1968年国立聴力言語障害センター言語課長。1980年国立身体障害者リハビリテーションセンター学院学院長。1998年国立身体障害者リハビリテーションセンター病院病院長

    白坂 康俊(シラサカ ヤストシ)
    1977年パリ大学第3学部(東洋言語学)卒業。1979年パリ大学第7学部(言語学)修士課程修了。1981年国立身体障害者リハビリテーションセンター学院。聴能言語専門職員養成課程修了。国立身体障害者リハビリテーションセンター病院言語訓練専門職。2000年同副言語聴覚士長

  • ページ数
    355p
  • ISBN
    978-4-263-21114-4
  • 発売日
    2001年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,000 (税込:5,400

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 前半で医学的基礎である,話しことばの生成についての解剖,生理学的事項について詳しく解説.また,ことばの音に関する基本知識を図・表を提示してわかりやすく整理.後半は,音声,構音,言語,聴覚,嚥下などの諸機能の病態と,それの対する訓練,治療アプローチについてを,詳解している.
目次
【運動障害性構音障害臨床の枠組み】 運動障害性構音障害とは Dysarthriaの原因疾患とDysarthria患者数 症状と検査法 診断 リハビリテーション 【ことばの産生の仕組み】 ことばによるコミュニケーション―発声と構音― 発声・構音器官の構造 発話機構―音声信号産生時の発声・構音器官の調節― ことばの音の性質 ことばの神経機構 【運動障害性構音障害の病態】 運動障害性構音障害の分類 原因疾患の神経学 運動障害性構音障害の症候学 【検査・評価から訓練プログラム立案へ】 検査・診断・評価の流れ 問診および情報の収集 ことばの音の評価 調音音声学的評価 発声発語器官の評価 その他の評価 評価留意点と鑑別 【治療とリハビリテーション】 リハビリテーションの流れ 薬物療法と手術的治療 運動障害性構音障害に対する代償的手段 機能訓練 障害受容・家族指導・地域リハビリテーション 摂食・ 嚥下障害のリハビリテーションとチームアプローチ の実際

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 言語聴覚士のための運動障害性構音障害学
  • 言語聴覚士のための運動障害性構音障害学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中