ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 眠れぬ日々のために

  • 眠れぬ日々のために

眠れぬ日々のために

  • ゲーテ/著 長谷川つとむ/訳・解説 長谷川 つとむ(ハセガワ ツトム)
    東京生まれ。西独政府給費フンボルト留学試験合格、キール大学にてゲーテ研究の権威エーリヒ・トルンツ教授のもとで、『ファウスト』を研究。1969年、日本ゲーテ協会長賞受賞。1984年日本文芸大賞・ノンフィクション賞受賞。1993年、日本独学史学会賞受賞。現在、日本大学教授、国際関係博士、日本独学史学会会長、日本大学剣道部部長、日本ペンクラブ評議員。本名、長谷川勉。主な著書に、『ゲーテを偲ぶ』『睦子、留学は終わったよ』(以上、三修社)、『現代文学とみちのく』をはじめとする文学と旅シリーズ、『処世戦略の勝者・伊達政宗の生涯』『信玄の経営戦略』『モーツァルト・夢の旅人』『ドイツ語圏の社会と文化』『比較文学とその周辺』(以上、高文堂出版社)、『ファウストの比較文学的研究序説』(東洋出版)、『東京帝大医学部総理――池田謙斎』(新人物往来社)、『手塚治虫氏に関する八つの誤解』『会津藩最後の首席家老』(以上、中公文庫)、『伊達政宗』(PHP文庫)ほか多数

  • ページ数
    269p
  • ISBN
    978-4-569-61496-0
  • 発売日
    2001年03月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人間は努力している間は、迷うにきまっているのさ。時代を超えて生きづく、ゲーテ珠玉の箴言集。
目次
第1章 うつろう季節―生きゆく人達に贈る思い
第2章 人の中の幾何学模様―人の波に揺られて
第3章 人生の意味と思索―何のために私は生きるのか
第4章 芸術に触れる愉しみ―知と美の泉はここにある
第5章 老いとゆとりある日々―歳を経た者にだけある美
第6章 心に咲く最も美しいもの―日々、安らかにある知恵
第7章 人間について―狡猾で無力な、この愛すべき生き物

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 眠れぬ日々のために
  • 眠れぬ日々のために

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中