ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子供部屋に入れない親たち 精神障害者の移送現場から

  • 子供部屋に入れない親たち 精神障害者の移送現場から

子供部屋に入れない親たち 精神障害者の移送現場から

  • 押川剛/著 押川 剛(オシカワ タケシ)
    1968年、福岡県生まれ。専修大学商学部中退後、警備業に従事。92年、トキワ警備を創業。96年より精神障害者移送サービスを専門に業務を行い、600人近くの患者を移送。医療現場、患者の家族、警察関係者からも厚い信頼を得ている

  • ISBN
    978-4-344-00053-7
  • 発売日
    2001年02月

1,500 (税込:1,650

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 引きこもり、不登校、家庭内暴力、薬物依存、ストーカー…山積みとなった問題の数々、そして急増する少年犯罪や凶悪事件。容疑者が精神障害者とされる場合も多く、いまや「精神障害者=犯罪者予備軍」というイメージが蔓延している。しかし本当にそうなのだろうか?彼らが犯罪に走る前にできることはなかったのだろうか。問題は早めに医療につなげ、適切な治療を受けられなかったことにこそ、あるのではないか。彼らはけっしてモンスターではない。普通の人間なのだ。600人近い患者と接し、彼らの心の叫びを受け止めてきた著者が、新聞やTVが伝えない最前線の現場から放つ渾身のメッセージ。
目次
1 「精神障害者移送サービス」という仕事
2 家族の情景―移送ドキュメント
3 私が患者を説得できる理由
4 「患者」と「家族」の溝と絆
5 これから予想される事態、それにどう備えるか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 子供部屋に入れない親たち 精神障害者の移送現場から
  • 子供部屋に入れない親たち 精神障害者の移送現場から

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中