ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 主要5因子性格検査ハンドブック 性格測定の基礎から主要5因子の世界へ

  • 主要5因子性格検査ハンドブック 性格測定の基礎から主要5因子の世界へ

主要5因子性格検査ハンドブック 性格測定の基礎から主要5因子の世界へ

  • 村上宣寛/著 村上千恵子/著 村上 宣寛(ムラカミ ヨシヒロ)
    1976年京都大学大学院修士課程修了。現在富山大学教育学部教授。認知心理学の研究、統計分析、性格測定に関するプログラム開発、評論活動にも従事。著書に「なぞときロールシャッハ」(共著)学芸図書、1988年。「ロールシャッハ・テスト」(共著)日本文化科学社、1991年。「コンピュータ心理診断法」(共著)学芸図書、1992年。「最新コンピュータ診断性格テスト」(単著)日刊工業新聞社、1993年。「やさしいDelphi」(単著)日刊工業新聞社、1997年。「性格は五次元だった」(共著)培風館、1999年。他多数

    村上 千恵子(ムラカミ チエコ)
    1974年同志社大学大学院修士課程修了。現在東京福祉大学社会福祉学部助教授。性格評価と心理療法に関する支援システムの開発、カウンセリング、生涯発達研究、評論活動に従事。著書に「なぞときロールシャッハ」(共著)学芸図書、1988年。「ロールシャッハ・テスト」(共著)日本文化科学社、1991年。「コンピュータ心理診断法」(共著)学芸図書、1992年。「自分でできる心の健康診断」(単著)三一書房、1996年。「性格は五次元だった」(共著)培風館、1999年。他多数

  • ページ数
    246p
  • ISBN
    978-4-7616-0351-9
  • 発売日
    2001年02月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ビッグファイブ・モデルとは、外向性、協調性、勤勉性、情緒安定性、知性の主要な因子で性格が記述できるという仮説である。本書は、その主要5因子性格検査(BigFive)について専門家向けに解説したものである。
目次
第1部 性格測定の基礎(歴史から学ぶ
テストの統計的基礎
信頼性、妥当性、効率性、テストの開発)
第2部 主要5因子性格検査(歴史をさかのぼる
主要5因子性格検査(BigFive)の成立
実施法
尺度解釈
プロファイルタイプ
ビッグファイブ研究のトピックス)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

商品のおすすめ

ビッグファイブ・モデルに基づき開発された主要5因子性格検査解説書で測定の方法等をも論及。

ページの先頭へ

閉じる

  • 主要5因子性格検査ハンドブック 性格測定の基礎から主要5因子の世界へ
  • 主要5因子性格検査ハンドブック 性格測定の基礎から主要5因子の世界へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中