ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 神経系のしくみと看護

  • 神経系のしくみと看護

神経系のしくみと看護

  • 種池礼子/総監修 藤田淳子/訳 笹川寿美/訳 笹川 寿美(ササガワ トシミ)
    旭川医科大学医学部看護学科助手

    種池 礼子(タネイケ レイコ)
    京都府立医科大学医療技術短期大学部教授

    藤田 淳子(フジタ ジュンコ)
    京都府立医科大学医療技術短期大学部講師

  • シリーズ名
    目で見る看護シリーズ 4
  • ISBN
    978-4-89269-375-5
  • 発売日
    2001年02月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、アメリカにおける脳神経系の現状を概観しています。看護者が適切にフィジカル・アセスメントができるように、まず、脳神経系の解剖と生理について述べ、次いで、病歴、理学的検査(大脳機能、脳神経、運動系と小脳機能、感覚系、反射)についてアセスメントするための基礎知識とその方法を説明しています。また、脳神経検査についてはその方法を看護者の役割に重点をおいて概説しています。さらに、脳神経系に関連する一般的な看護診断について述べるとともに看護介入とその目的についてを説明し、最後に、脳神経系の代表的な疾患と薬物療法や手術療法などの治療法を概説し、治療時、在宅ケア時の看護者の役割とその内容について述べています。
目次
神経系のしくみと看護
解剖と生理
アセスメント
検査
看護診断
疾患
治療

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 神経系のしくみと看護
  • 神経系のしくみと看護

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中