ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 医療IT化と医薬品コード 医薬品情報の活用支援に向けて

  • 医療IT化と医薬品コード 医薬品情報の活用支援に向けて

医療IT化と医薬品コード 医薬品情報の活用支援に向けて

  • ページ数
    159p
  • ISBN
    978-4-8407-2583-5
  • 発売日
    2000年11月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
総論(医薬品コード等の目的と必要性
医療情報標準化の動向
医療情報分野標準化への取り組み
国際的な医療情報交換標準化の動向
医薬品情報の標準化
医薬品情報の高度化と医薬品情報提供システム)
各論(医薬品コード等の現状と標準医薬品マスター開発の経緯
薬価基準収載医薬品コード
大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)と医薬品情報の標準化
医療機関の医薬品情報システムと医薬品コード
医薬分業における情報推進と医薬品コード
製薬企業における医薬品コード利用
流通における医薬品コード利用
医薬品とバーコード
医薬品マスタのメンテナンスと医薬品コード
医薬品コード標準化の今後の課題と展望)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 医療IT化と医薬品コード 医薬品情報の活用支援に向けて
  • 医療IT化と医薬品コード 医薬品情報の活用支援に向けて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中