ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 文句と御託 談志ひとり会

  • 文句と御託 談志ひとり会

文句と御託 談志ひとり会

  • ページ数
    440p
  • ISBN
    978-4-06-210233-9
  • 発売日
    2000年09月

2,500 (税込:2,700

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世間では私を「我侭」「気紛れ」「勝手」なんぞと言います。いや、世間どころか家族もそう申しております。私は反省するどころかそれらを一蹴し、小馬鹿にしているのですから、我ながら“凄いワネェー”であります。殺気と狂気の「ひとり会」総集版。
目次
1年目 今度ァ何を演ろう
2年目 でもなあ…面倒くせえ
3年目 最後にゃ、己の本能に聞く
4年目 俺ァ知らねえ
5年目 何を言やァがる、このバカ野郎共
6年目 さァて、問題はここだ
7年目 金はイラナイから喋らせてくれ
8年目 これを芸術家の愚痴と言う
9年目 俺は一人で偉くなった
10年目 人間は生きるべきものに非ズ
11年目 あと四年、勝手に生きてやる
12年目 人生、いいことは二ァつない
13年目 俺の高座はバカにゃ理解らない
14年目 生意気なれど、愛想が尽きた

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 文句と御託 談志ひとり会
  • 文句と御託 談志ひとり会

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中