ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ちえちゃんの卒業式

  • ちえちゃんの卒業式

ちえちゃんの卒業式

  • ISBN
    978-4-09-727256-4
  • 発売日
    2000年10月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 予定より3か月も早く生まれた超未熟児ちえちゃんが小学校に入学し、さまざまな壁を乗り越えて卒業式を迎えるまでを追った感動のストーリー。『となりのしげちゃん』に続く、星川ひろこ氏の写真ストーリー絵本。予定より3か月も早く産まれ、小学4年生までお母さんと一緒に登校せざるをえなかったちえちゃんが迎えた卒業式。感動させられる絵本です。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21×24cm
対象年齢 小学生 一般

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

卒業式を1カ月後にひかえた6年生への読み聞かせの第6回目は,卒業近くなったら必ず読もうと決めていた,この「ちえちゃんの卒業式」と,谷川俊太郎・和田誠コンビの「ともだち」を選びました。今回のテーマは「ともだち」。この絵本を初めて読んだ時,一番感動し涙したのは,友達がちえちゃんのことを書いた作文です。縄跳びの難しい技ができなくて,練習が嫌になってきている女の子,,,のとなりで,不自由な体を一生懸命動かして,8の字書き(縄跳びの簡単な技)を汗だくで練習しているちえちゃん。「あー,もうできない!」と女の子が叫ぶと,ちえちゃんがすかさず,「がんばってね!」と汗に光る顔をむけて友達に声をかける。。。体全部が熱くなるほど,練習に打ち込む二人。「けっきょく,わざはできなかったけれど, ちえちゃんのおかげで,がんばる勇気をもつことができました。」ここに障害の障壁はありません。ただ一生懸命生きている友達を尊敬し,自分も一生懸命生きようとする…真の「友情」って,こういうことを言うのでしょうね。この作文のページにある写真が,すごくいいんです。ちえちゃんを入れた それぞれに個性的な4人の女の子が(それも6年生の時期の女の子って,体格にすごく差があって,まるで同じ学年に見えなかったりすることがあるんです)ほんとにいい笑顔で,仲良く話をしている写真。目の前にいる6年生の子供たちとダブって見えてそして,遠い日の自分が,小学6年生だった時の友達の顔もだぶって見えてくるような写真です。写真絵本は,初めて持って行ったので,子供たちは最初,物珍しさで見ていたようですが,お話が進むにつれ,自分と同じ年のちえちゃんに,気持ちを寄せていってくれたようです。ちえちゃんがひとりぼっちで悲しむ場面では,眉根を寄せ,笑っているちえちゃんを見て,にっこりとしてくれました。後ろの方で担任の先生がいつも見ていてくださるのですが,この本を読み終わったら,その先生が一番大きな拍手をしてくださいました。その顔を見てみると,目が真っ赤!後で聞いたら「・・・泣きました・・・」巣立つ子を見送る方が,涙は多いものですよね((T_T))続けて,テーマそのもの「ともだち」を読みました。(あんぴかさん 40代・宮城県仙台市 女15歳、女8歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ちえちゃんの卒業式
  • ちえちゃんの卒業式

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中