ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 懐かしの高性能車 1

  • 懐かしの高性能車 1

懐かしの高性能車 1

  • 巻の書名
    トヨタ、マツダ、ホンダetc.
  • ページ数
    220p
  • ISBN
    978-4-87687-212-1
  • 発売日
    2000年07月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 著者は1932年、つまり昭和7年の3月3日生まれですから、もうすぐ70歳になります。長くて、それでいてアッという間に過ぎてしまった自分の時間の1/3以上を車を塗ることを生業とし、バイクと車を片時も離さない日々を重ねてきましたが、さすがに最近は疲れを覚えるようになりました。寄る年波とはこういうものか、と思いながら今まで手で触れ、目で見て、耳で聞いた忘れられない車のことを書き残そうという気になりました。戦争に負けたあとの日本人はアメリカ人が持ち込んだ車を見ながら、自分たちが自分の車を持てる時代なんてくるわけがないと思っていましたから、そのあとで出てきた国産車は、それがタクシー用のとんでもない車でもまぶしく見えたものでした。それでもまだ自家用車を持てる時代などというものは未来永劫、来るわけがないと思っていましたから、そのあとからドンドンよくなっていく国産車は全部高性能車に見えてなりませんでした。ですから“懐かしの高性能車”というタイトルも、そういった時代の自動車大好き少年からみた高性能車と、その延長です。
目次
先進から保守へ―トヨタ自動車
大衆車ファミリアの誕生とヒット―マツダ(東洋工業)
本田宗一郎の足跡と四輪への進出―本田技研工業
三輪車のトップメーカーからの転身―ダイハツ工業
ルノー4CVからの出発―日野自動車

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 懐かしの高性能車 1
  • 懐かしの高性能車 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中