ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ガラスのうさぎ 新版

  • ガラスのうさぎ 新版

ガラスのうさぎ 新版

  • ISBN
    978-4-323-07012-4
  • 発売日
    2000年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,100 (税込:1,188

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1945年3月10日、東京大空襲。東京の町は、戦火につつまれた。焼け跡には、敏子の家にあった「ガラスのうさぎ」が、ぐにゃぐにゃになって、ころがっていた。うさぎは、燃えさかる炎に身を焼かれながらも、戦争の悲惨さを、みつめつづけていたのだった―。東京大空襲で母と妹をうしない、その後、機銃掃射で父をも―。戦争の中を生きぬいた著者が、平和への祈りをこめて、少女時代の体験をつづった、感動のノンフィクション。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 小学56年生
版数 新版

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

このお話は,親の私も小学校高学年の時に読みました。とても心に残り,一言では言葉で表すのが難しい想いになったのを,今でも覚えています。戦争を知る上で,子供が読むべき児童書だと思います。多くの子供に読んでほしい本です!この本から学ぶことはとても大きいです。(まゆみんみんさん 30代・兵庫県 女の子4歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ガラスのうさぎ 新版
  • ガラスのうさぎ 新版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中