ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 今、戦争について考えることの一つとして

  • 今、戦争について考えることの一つとして

今、戦争について考えることの一つとして

  • ページ数
    228p
  • ISBN
    978-4-8265-0291-7
  • 発売日
    2000年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦争には「義のある戦争」と「義なき戦争」があるのではない。戦争そのものが「義なきものであり、非行である」とする立場から、流行の戦争論に鋭く切り込んだ力作。
目次
戦争観をめぐって
戦後世代の「八・一五」―戦死者の追悼とは何か
今、戦争について考えることの一つとして
加藤典洋さんへの手紙
小林よしのり『戦争論』批判
リベラルデモクラシーと民族・宗教・人種間の地域紛争
エスニシティ(文化的・宗教的共同意識)とナショナリズム
戦争の見直しにもいろいろある
核武装論という虚妄
戦後の終焉―オウム真理教の突き出した風景〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 今、戦争について考えることの一つとして
  • 今、戦争について考えることの一つとして

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中