ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 地球共有の論理 環境の世紀へのシナリオ

  • 地球共有の論理 環境の世紀へのシナリオ

地球共有の論理 環境の世紀へのシナリオ

  • ISBN
    978-4-8171-9054-3
  • 発売日
    1999年10月

2,800 (税込:3,024

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は地球の友が展開した「持続可能なヨーロッパ・キャンペーン」の一環として、地球の持続可能な開発に捧げるために書かれたものである。地球の友は世界63カ国に参加グループを擁する国際環境保護団体であり、啓発的なこの運動の活動・研究プロセスには欧州30カ国からさまざまな組織やグループが参加している。また並行して行われた「南北プロジェクト」には、アジア、アフリカ、南米から八カ国が対話と分析の枠組みに参加している。1992年に始まった「持続可能なヨーロッパ・キャンペーン」の目的は、持続可能な開発が実際には何を意味するのか、そしてどうすれば実現可能かを探ることであった。そのために著者たちが導入したのが、環境容量(Environmental Space)の公平な共有というコンセプトである。この考え方は、持続可能な生産と消費に向けた目に見える進展を実現しなければならないこと、あらゆる国の間で開発機会を均等に配分すること、政策決定や価値観の指針として従来の物質偏重主義に代えて生活の質を尊重すること、の三つの原則に基づいている。このキャンペーンがもたらした教訓は、世界の他の地域に住む人々にとっても意味深いものである。だから著者たちは、より多くの人に知ってもらうために本書を書いた。「北」の消費社会(例えば北米や日本)や「南」の社会の人々、そして中欧、東欧や旧ソ連の人たちにも読んでほしい。21世紀の持続可能な開発において彼らが果たす役割もまた同じように重要で影響力が大きいのである。
目次
第1章 地球の開発への新しい取り組み
第2章 地球の共有資産―フロンティア経済からフルワールド経済へ
第3章 地球の共有資産の管理―「南」と「北」はひとつの世界をつくれるか?
第4章 環境容量の公平な分け前―基本原則
第5章 環境容量の公平な分け前の評価
第6章 エコ・イノベーション―より少ないものからより多くを
第7章 充足を求めて―消費社会の見直し
第8章 持続可能な生産と消費―地球規模の枠組みづくりへ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原書名:Sharing the world
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 地球共有の論理 環境の世紀へのシナリオ
  • 地球共有の論理 環境の世紀へのシナリオ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中